トップページ > 環境への取り組み > 太陽光発電

環境への取り組み 太陽光発電

地球の限りあるエネルギーを大事に使う

現在の暮らしを支えるエネルギーのほとんどは石油や石炭などの化石燃料が使われており、これら化石燃料使用は限りある資源であります。
また、化石燃料を使用することによって発生した温室効果ガスによって、地球規模で温暖化が進行し、異常気象、酸性雨等による自然破壊が生じています。
このような状況の中、化石燃料を使用しない太陽光発電がクリーンエネルギーの技術として注目を浴びています。
無尽蔵な太陽エネルギーを使用しますので、地球温暖化防止に貢献することができるのです。
現在、日本の太陽光発電技術は世界的にも高い水準にあり、エスシーエス本社でもいち早く太陽光発電システムを取り入れる取り組みとなりました。

太陽光発電 太陽光発電システム

太陽光発電を導入したことで、火力発電所の燃料消費と二酸化炭素発生を抑えられます。

環境への貢献度を年間発電量から換算しますと、

  • 燃料の節約 約1,035リットル
  • 二酸化炭素抑制 約765kg?c/年
  • 森林面積で約0.9ヘクタールの吸収量に相当します。

太陽光発電